読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想8割

氷帝公演はじまってます

手紙について

 

若手俳優に渡す手紙の内容 - STELLA

▪手紙の話▪ - 俳優おたくの掃き溜め

手紙について - サプリメントぐらし

 

参考にさせて頂きました!

便乗させていただきます。

 

まず最初に言わせて頂くと、わたしは手紙を書く時に

「推しが悩んだり役者を辞めようと思ったときに読み返してもらう」

ということをテーマ?に書いてます。

 

気持ち悪いよね、ほんと気持ち悪いと思う。

もし本当に悩んだりもしかしたら役者を辞めようと思うときが来たときに

ファンからの手紙を読み返す想像してるところがもう痛いんだけど、

そういう手紙を目指してます…。笑

 

 

 

 

 

 

1.宛名

「苗字 名前+さま」です。さまは平仮名。ぶりっこです。

名前のまわりに手描きで軽く飾り描きます。

銀色のペンはちょんちょん描くだけで飾りになるから便利すぎる。

あとは手紙をプレ箱に入れた日付。

 

ついこの間まで本名と住所書いてましたがまったく意味がないことに

ようやく気付いてやめました。

 

 

2.書き出し

特に書き出しは決まって無くて、標準は「こんにちは、○○です!」

季節のものであれば「ハッピーバレンタイン」「メリークリスマス」「

続いて「●●ぶりにお手紙を書きます」←地味な主張

「いま、●月●日の公演を観劇したところです」←時期報告

 

 

 

3.内容

①舞台全体の感想

②役に関しての感想

③役と本人の比較(似てるとか似てないとか)

④次の作品が決まっていればそれについて(ビジュアル等が出ていればそれに触れる)

文中に以前の推しがトークショーやイベントで言った言葉を引用して、

いろいろ見てる主張を同時にしてます。

 

基本敬語で、固くなりすぎないようにタメ語はさみつつ。

例えば「〜です。〜かなあ…笑」とか。

たまに文末にニコニコマークとか簡単な絵文字いれて文面が寂しくないようにしたり。

 

内容は褒め殺しです。素晴らしかったところをひたすら述べます。

あと暗転時の動き等は見てるけど言いません。ミスも言いません。

自分の私生活を報告するなんて思いつきもしなかった…。

 

我ながら健気な文を書いてるなあと思います。

知ったかぶりもしたくないし語彙力があるわけでもないので

「言葉が足りなくてとても悔しいんですけど

それでも言わせて頂くと、とても素晴らしかったです」

とかややこしい前書きつけてしまう。め、めんどくさい…。

 

  

 

4.締め

多分定例文通り。

次の公演 or 次の作品への期待(たまにここで長くなる)

公演中→「体調に気をつけてカンパニーのみなさんと千秋楽まで駆け抜けて下さい。」

千秋楽後→「次の作品まで身体をゆっくり休めて下さいね。」等

最後に「またお手紙書きます。」で締める。

 

名前は前まで本名(HN)でしたが今はHNのみです。

 

5.手紙を渡す頻度

劇場に行くときのみ。

期間中に出しても2回。初回と最終回。1回の時もザラ。

舞台がないと数ヶ月普通に空きます。

あ、でもバレンタインとかは郵送した。

 

6.手紙の量

3〜5枚くらい。

ぎっちり3枚に詰め込むことが多いです。

 

 

7.手紙の種類

その時々で変えます。雑貨屋さんに探しに行くのも好きだし。

今出てる舞台のパンフ衣装をSOU・SOUがやってるので、

被りそ〜って思いながらSOU・SOUの便箋でお手紙書きました。

推しは多分黒とかかっこいい系が好きなので、

そのうち黒い便箋に銀色のペンで書きたい。読みづらいかな…。

キャラクターものは使ったことがないです。

 

 

番外編.今まで渡した変な手紙

ありません。小心者なんです。

推しは友達ではないし嫌われたら嫌だ…笑

 

 

8.手紙を書く時間

携帯に下書きをして清書まで一気にやります。前日の夜に。

計画性がないので徹夜みたいになることがザラです。

測ったことはないけど通常でも2、3時間はかかる気がする…。

 

9.こだわり

こだわってる訳ではないけどなんとなくいつも紺色のペンで書いてます

ハイテックの紺色。

あとは、当たり前だけど読んで嬉しい気持ちになってほしいから

硬すぎず砕けすぎず、きゃぴきゃぴしない程度に女の子らしく

文面にはこだわって考えてます。

あと褒め言葉しか書かないけど、それでも嘘が書かないようにします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

こんなところでしょうか、

頻度は高くないけどけっこう真剣に書いてるのでお手紙かくの気力使います。

自分の健気ぶってる感じが嫌いじゃないので救いがないです。

 

ありがとうございました。